満たされたいから逆援助を望んでいる

方法が分かり逆援助の相手探しが出来るようになっても、そこで実際に相手が見つかってから失敗することも考えられます。


女性にもそれなりに最低限の希望というのもあるでしょうし、本当に最低限の希望しか叶えることが出来なければ、それは失敗と言えるでしょう。

逆援助というスタイルを望む女性は、少なくとも経済力は持っているでしょう。
普通の男女関係であれば、男性の方が経済力が必要になりますが、逆援助の場合には女性に求められる要素なのです。
経済力はあるものの、なかなか男性との出会いが見つからないとか、あっても十分に満たされていない人が逆援助を望んでいることが多いのです。
経済力が無い場合には、逆援助としてでは無く、普通の出会いを求めて出会い系サイトを利用するでしょう。
その分だけ満たされないかもしれませんし、十分に女として満たされたいという人が逆援助を行うのです。

この女として満たされるかどうかが、逆援助では重要なポイントにもなってくるのです。
男性が何も問題は無かったと思って、うまく逆援助が出来たと考えていても、実は女性が物足りないと思っていることもあるのです。
そうなると男性の気持ちとは関係なく、次に逆援助で呼ばれることは無くなるでしょう。

若い頃は女性も逆援助などしなくても、十分に満たされることが出来たと思います。
そこには若さというものがありましたし、そこに男性も集まってきたのです。
それが年齢とともに少なくなっていき、いつの間にかいなくなってしまったのです。
そこで女性としては、男性をまた集めるために逆援助を考えるのです。
女性は若さを失った分だけ、経済力を手に入れていますから、それを利用しようとしているのです。

女性として満足できるような相手であれば、その後も関係を続けていきたいと思うでしょう。
その満足度を高めるためにも、まずは女性を褒めていくことが重要になるのです。
特に女性らしい部分を褒めることで、相手も満たされていくでしょう。

女性の希望を聞くだけでは足りない

逆援助は男性には嬉しい事ですが、女性の気持ちが分からないという人もいるでしょう。
普通に考えれば、男性が援助交際をするのとは違って、女性の場合は逆援助をする必要が無いと思えるかもしれません。
ですが女性にもお金に余裕がある人も増えてきているので、お金以外に欲しいものが出来ている女性もいるのです。
そういったものを手に入れいるために、逆援助をするようになるのです。
もちろん手に入れるといっても、普通にお金を払って買えるものではありません。
だからこそ逆援助をするのですが、そこで求めるのは「女」として満たされたい欲望なのです。

自分を女として満たしてくれる男性は、街中を探せば見つかるというものでも無いでしょう。
普通は恋人を考えるかもしれませんが、最初は満足できていても、お互いの関係が徐々に慣れてくると、不満に思い始めることもあるのです。
だからこそ、自分をいつも褒めてくれるような相手が欲しくなり、逆援助という関係が必要になるのです。

女性を褒めるのが下手な人が多いと思いますが、それでは女性も満足できないかもしれません。
やはり外国の男性のように、常に女性のことを褒めていくことも求められているのです。
それが出来た方が女性も満たされていきますから、お互いの関係も良くなるでしょう。
女性を褒めるのが苦手な人や、慣れていない人は出来るように練習しておきましょう。
会ったときには相手の服装などを褒めることから始まり、会話の途中には相手のメイクなども褒めていけばいいのです。
褒め言葉が出やすい場所がいろいろとありますから、そういった場所を覚えておくようにしましょう。
もちろん相手によっては仕草がかわいいなど、その人にあった褒め言葉も重要になります。
逆援助と聞くと、女性の希望を聞いていればいいと思うかもしれません。
ですが実際には、女性の言葉に従ってばかりでは無く、こういった相手を褒めていくことも必要なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ